安全への取り組み

平成27年度の各種優良運転者表彰を受賞しました。

当社の優秀な乗務員が、その実績を評価され表彰されました。表彰名、人数は以下の通りです。

関東運輸局長表彰3名
優良運転者30年表彰2名
優良運転者20年表彰12名
優良運転者10年表彰34名
優良運転者一般表彰71名

今後も、多くの優秀な乗務員を養成し、安全安心で快適な移動空間をご提供していきます。

出庫前点検を実施

いつもお客様に安心してご利用いただけるよう、乗務員も車も常に
良質な状態でご提供することを、目指しております。運行前の車両点検から乗務員の体調チェックまで、ご利用いただくお客さまを第一に考え、取り組んでおります。

安全講習の導入

弊社では安全な運転を行うための独自のプログラムを導入し、安全運転の基本を徹底するための新人教育を行っております。

運輸安全マネジメントの実施

交通事故防止のため、輸送の安全の確保が最も重要であることを自覚し、絶えず、「輸送の安全性」の向上に努めております。

安全に関する基本方針

1.運行管理業務の確実な実行により、安全で安心そして快適なグリーンキャブを提供できるように全力で取り組んでおります。
2.重大事故につながる一時停止不履行、信号無視、速度超過による事故の撲滅を目指しております。
3.交通事故ゼロを目指し、その達成に向けて邁進しております。


環境への取り組み

株式会社グリーンキャブは、旅客自動車運送業(タクシー、ハイヤー、バス等)を通じた事業活動が地球環境に与える影響を認識し、地球環境問題に取り組み、快適な社会環境に貢献できる循環型システムの実現に努めます。

1.適切な車両整備と社内教育による環境意識の向上に努め、快適な移動環境を提供します。
2.資源とエネルギーの有効活用ならびに排出ガスと廃棄物の削減をすべてのプロセスにおいて行い環境負荷の低減と汚染の
予防に努めます。
3.環境方針に沿った環境目的・目標を設定し、定期的な監査・見直しによるマネジメントレビューを実施することにより
循環型システムの継続的改善を目指します。
4.環境関連法規制および当社が同意するその他の要求事項を順守します。
5.全従業員に環境保全の重要性を認識させるため環境理念、方針を周知徹底するとともに社外への開示も行います。

上記、環境理念・環境活動方針のもと、交通エコロジー・モビリティ財団が認証機関となる
「グリーン経営」に沿った当社の環境マネジメントを構築し運用しています。2009年11月に認証取得いたしました。

HVタクシー トヨタプリウスα 導入

平成25年1月よりグリーンキャブ初となるハイブリッドタクシー、トヨタプリウスαを導入致しました。プリウスαは二酸化炭素排出量を大幅に低減し、静かで優れた走行性能は、お客様の快適な移動をお約束致します。グリーンキャブでは将来を見据えた環境負荷の低減を意識し、引き続き「地球環境にやさしい」車両の導入を勧めてまいります。

EVタクシー 導入

「地球と人に優しい」かながわEVタクシープロジェクトに基づき、平成23年2月より横浜営業所にEV(電気自動車)タクシーを導入しました。EVタクシーは日産自動車株式会社のリーフを採用し、電気をエネルギーとして 走行するため、二酸化炭>素の排出はゼロ、また動力モーターとリチウムイオンバッテリーの特性により驚くほど静かな走行をします。グリーンキャブではEVタクシーを、保有する車両の中で一番環境にやさしい車両と位置づけております。
※きわめて静かに走行するため、歩行者にクルマの接近を知らせる、車両接近通報装置を搭載しています。

環境に配慮したクリーンなタクシー

タクシーはLPG(液化石油ガス)燃料の使用により、もともと環境にやさしい車両となっていますが、グリーンキャブではさらに 環境に配慮した新型エンジンを搭載したタクシーを順次導入しております。「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を国土交通省より取得した、新型エンジンのタクシーは「アイドリングストップ装置」を装備し、停車時の余計なアイドリングを低減することにより、排出ガスの抑制と燃費の向上に努めております。

ハイヤーにハイブリッド車を導入

平成20年10月よりグリーンキャブ初のハイブリッド車となる「トヨタクラウンハイブリッド」をハイヤーに導入致しました。グリーンキャブの環境保全活動の一環として環境への負荷を低減し、ハイヤー事業の未来の姿として、お客さまと共に「環境にやさしい歓び」を目指しております。

クリーンで静かな福祉バス

「ドアtoドア」が基本となる福祉バスの運行では、どうしても住宅街の運行が多くなります。このような状況からグリーンキャブでは、ディーゼルエンジンのバスに比べNOx(窒素酸化物)等を大幅に低減し、エンジン音が静かな「ガソリンエンジン」のバスを平成21年2月より導入致しました。「バスに乗るお客さま」と「バスが走る周りの環境」の両者にやさしい車両の運行に取り組んでおります。

東京都適合車ステッカー制度を導入しました

東京都環境局がトラックやバス、特種自動車のユーザーを対象に環境負荷の小さい自動車に交付している「東京都適合車標章」を、当社で該当となる観光バス・福祉バス・リフト付福祉タクシーに導入致しました。当社では同標章(ステッカー)を該当車両の左前面部及び左前側部に貼付け、ご利用のお客様が環境負荷の小さい車両であることを認識出来るように致しました。