地道な努力が信頼のブランド、グリーンキャブを築いたのです。

 グリーンキャブグループは、ハイヤータクシー事業の株式会社グリーンキャブを核に、旅客輸送、レジャー・観光・芸術・文化におよぶ広範囲な分野で、時代に即応したサービスの追及とともに社会への奉仕に向け一丸となって取り組んでいる企業グループであります。
 戦後の混乱がまだ残っている昭和27年に現会長により市民に移動手段を提供すると言う理念のもとに創立された株式会社グリーンキャブは、経済の復興とともに昭和33年ごろからタクシー事業が飛躍的に発展してまいりました。グリーンキャブはこの年に日本で初めて全車両に無線機を導入し、利用者の利便性の向上とともにタクシーの公共性を広くアピールして、その名は次第に首都圏に高まってまいりました。その後、幾たびか試練がございましたが、懸命の努力によってそれを打開し、今日の成長を見るにいたりました。
 会長より受け継がれた現在のグリーンキャブグループは、首都圏を越えて営業エリアを広げつつあるグリーンキャブと、
バス事業を中心とした千曲バスグループ、駐車場および不動産賃貸事業の日本駐車ビル、東京駐車ビル、エネルギー供給事業の日駐ビル石油販売・東京日石オートガス、新聞出版事業の交通毎日新聞など多岐に渡っております。
 21世紀に入り、規制緩和をはじめとする変革の時代への挑戦が始まっております。私たちは、このような変革のうねりの中でグリーン経営認証も取得し、「サービスを通じて社会の発展に寄与する」との理念のもとに、お客様のニーズを先取りして十分に応えていく「顧客第一主義」を貫き、新たな発展、飛躍を図っていきたいと願っております。
 また事業は”人”だと私たちは考えております。現在在職している従業員はもちろん新しく参画される仲間たちと共に、なおいっそう研鑽を重ね社業の発展に努め、お客様の立場に立った最適なサービスの提供を目指していきます。
代表取締役社長 髙野 公秀
乗務員エントリー 先輩の声 お問合せ

乗務員募集

採用に関するお問い合わせ
0120-31-7177

ご応募はこちら
新生活支援金制度スタート!

乗務員採用情報

月給30万円保障・寮完備グリーンキャブだけ

右も左も分からない未経験の方にとって、採用後いきなり歩合給で働くのは大きなリスクを伴います。
1年間は給与を保障して、じっくりと成長を待つべき。それが当社グリーンキャブのスタンスです。当初はコツをつかめなくても半年後に芽が出るかもしれない。種に水をあげながら美しい緑を育てていくように、グリーンキャブはあなたを優しいまなざしで見守っていきたいと思っています。

採用後98%の乗務員が月給30万円以上を手にしています。
月給保障をしているものの、ほとんどの乗務員がそれ以上の金額を稼いでいます。

出張面接会 開催中

会場・日程はこちら

先輩インタビュー


乗務員

女性ドライバーだからこそできることがあるはずです。

R.Yさん

元々車の運転が好きでした。地元でグリーンキャブの営業所はよく知っていたこともあり、転職を考えたとき迷わずここと決めました。 タクシードライバーは男性の仕事というイメージがあり、最初はなにもかも初めてで不安でいっぱいでした。でもアットホームな職場環境で先輩方がとても優しくサポートしてくださるので、今は安心して業務に取り組むことができます。 やる気と向上心を持ち、頑張ろうという気持ちがあればきっとどんな人でも一人前のドライバーになれます。 女性ドライバーだからこそできることがあるはずですし、喜んでくれるお客様もたくさんいらっしゃいます。女性も充分活躍できる仕事だと思います。


様々なお客様がいらっしゃいます。活かせない経験はないです。

K.Tさん

定年退職を経て、第二の人生を歩むにあたり縁あってこの仕事を選びました。お客様に対するときは、自分が会社の顔。一人で最初から最後まで任される責任ある仕事に、新鮮なやりがいを感じています。ただ一人で運転するのとは違い、お客様の安全を預かりハンドルを握りますので、気を使いますね。疲れが残らないように、休むときはしっかり休むなど、体調管理に気を使うようになりました。


乗務員



乗務員

職場の雰囲気がよく、恵まれた仕事環境で、仕事力も向上します

K.Nさん

良くも悪くも、景気の変動にも左右されがちな仕事で、長年勤めていると厳しい時もありました。でも、職場に恵まれているので続けてこれたのかなと振り返ります。人情味があるというか…とても居心地がいいんですよ。自然と笑顔が出せるのはそのおかげでしょうか、それがお客様の笑顔を引き寄せるのか、特にお年寄りや女性のお客様からも喜んでいただけることが多く、励みの一つになっています。


もっと見る

室長インタビュー

分からない事をお客様に聞く人ほど、高収入につながる

日々変化する道路事情。駅が新しく出来るだけで人の流れは変わります。もちろん乗務員同士で情報を共有するようにしていますが、全てを完璧に押さえておくのは不可能。ときにはお客様が指示される道が分からないケースもあるでしょう。そういったときは遠慮せずにお客様に聞いてください。これはプロとして恥ずかしいことではありません。お客様から教えてもらうルートも貴重な情報。それを吸収すれば、次に活かすこともできるわけです。私がこれまでに見てきた中でも、分からないことをお客様に聞く乗務員ほど成長していますし、給与にも反映されています。そういった意味では、まっさらで入社される未経験者の方が伸びる可能性はあるのかもしれません。


さまざまな人たちとの一期一会が面白い

この仕事の魅力は、コツをつかむたびに目に見えて数字が上がっていくこと。昼までにいくら、夕方までにいくらといったように自分で目標を立てるのも面白いですよ。面白いと言えば、老若男女問わずさまざまなお客様と話せることも挙げられます。私は乗務員をしているとき、占い師の方をお乗せしたことがありました。「赤いモノを持っていた方がいい」といった助言をいただいたのを覚えています。普段は出会わない人たちと触れ合うことで、人を見る観察眼が養われましたね。また有名人の方を乗せる機会が多いのも、東京をフィールドとしている当社ならではないでしょうか。

営業部 研修室 - 室長 金子貴夫

採用に関するお問い合わせ
0120-31-7177

ご応募はこちら