NEWS

ニュース

トップページ > ニュース一覧 > 新型コロナウィルス感染防止対策について

2020.09.10

新型コロナウィルス感染防止対策について

㈱グリーンキャブでは、感染拡大防止及び社員の健康を守るため以下のような取り組みを行っております。
(今後、対策の変更・追加は随時行っていきます)

1. タクシー・ハイヤー・バス等の車内消毒
◇乗務員営業中の指示事項
ハセッパー水による車内消毒の徹底(お客様降車後・休憩時)
ハセッパー水は全車装備
窓開けによる換気の徹底
エアコンの外気導入
◇バス等の大型車の消毒
◇ ハイヤー車両に設置の 超音波噴霧器(ハセッパー水噴霧による除菌)
◇車内掲示によるお客様へのお願い①(パウチ加工し助手席後部に掲示)
◇車内掲示によるお客様へのお願い② (パウチ加工し運転席席後部に掲示)
2. 本社事務所・各営業所
◇事務所
出勤時、検温、体調自己申告 消毒液による手洗い
外部からの訪問についても、マスク着用・手指消毒のお願い
◇営業所乗務員点呼
・適切な距離を確保し点呼 ・点呼場での 3 密回避
・検温・体調確認 点呼簿に記入 ・アルコール検知器の消毒の徹底
◇営業所内仮眠室については、利用時間中に何回かの換気
また、利用時間外は晴天の場合は、窓を開けておく

◇営業所内の消毒をこまめにおこなう
カウンター周辺、トイレ付近、ドアノブ、階段手摺、ロッカールーム等々
消毒液もしくは営業所にあるハセッパー水で消毒

◇感染症予防に効果のある下記空気清浄活性器等を各営業所へ配置
会議、乗務員の勉強会・面接等々の室内での密による感染防止
3. 社員・乗務員に対する指示事項
◇普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておくことが感染予防対策として、かなり有効とのことなので業務終了後はなるべく早く帰宅し、自宅にて十分な休養・睡眠でその日の疲労を取り、次の出番に備えるよう指示
出勤日は自宅で検温をし発熱がある場合は出勤をしない、併せて体調不良等の場合は、無理をせず、すぐ管理職に相談するよう指示

◇持病のある乗務員については、当分の間、残業は控えさせ、疲労の蓄積にならないよう指導、また直近の服薬状況・体調についても確認

◇会社の休憩室での食事・休憩
・休憩中は原則としてマスクを着用する・一定の距離を保ち、対面では座らない
・入室前後と食事前の手洗い・消毒の徹底・食事中は極力会話を控える
・室内の人数が多い時は時間をずらす
*管理職による一定時間ごとの窓開けによる換気、テーブル等の消毒

◇車内での食事・休憩
・食事の前にハセッパー水での車内と手指の消毒
(特に釣銭等を触る機会が多い手指は入念に)
・エアコンは外気導入 ・窓を開けての換気

◇社外等その他
・クラブ活動等で参加人数が多数になる場合については、自粛を指示。但し屋外での活動・小人数での集まりは、密を避け可とする
・仲間内での飲み会、特に明け番での集まり等も同様とするが接待を伴う飲食・カラオケは強い自粛を指示

4. その他取り組み
◇コロナ発生以降感染予防として公共交通機関を避けて自転車通勤が増えていること、また政府から発表された「新しい生活様式」の中にも、感染対策として自転車利用が推奨されていることから、当社社員も自転車通勤が増えると思われるが、万が一の事故の危険があるので全員の通勤実態を調査し、自転車通勤の場合は保険等に加入していることで、認めることとする
(東京都では条例で保険の加入が義務となっている)